多汗症 手術


多汗症の手術による効果と副作用とは・・・?

手のひらや顔、そして脇などの多汗症を根本的に解決するための1つの方法としてあなたには「病院での手術」という選択肢があります。

 

手術の紹介やそれぞれの部位への対応に関してまず以下の表をチェックしてください。

多汗症の部位 有効な手術 概要
手のひら 交感神経切除 交感神経を切除して「汗をかけ」という指令がいかないようにして汗の量を減らす。
脇の下・ワキガ 超音波治療 超音波によって汗腺を破壊して汗が出ないようにする。
顔など 星状神経節ブロック療法 局所麻酔によって交感神経の活動を一時的にストップさせる。一時的なので効果は1年以内には切れてしまい代償性の発汗が起こりやすいのが特徴。
手のひら、脇 イオントフォレーシス療法 多汗症の部位に水を通して弱電流を流し汗腺の活動を抑制する方法。副作用はないが治療期間が長くなってしまう。

 

費用に関しては交感神経切除などだと30万円ほどかかるほか、手軽なボトックス注射でも10万円ほどかかることもあり、やはり財布への負担は大きいのが現状。

 

痛みに関しては麻酔などを使用していても術後はある程度の違和感を感じます。

 

また副作用はそこまでひどくないものの、そのかわり代償性発汗(特定の部位の汗を止めた分、体のほかの場所でその分の汗をかいてしまうこと)に関してはある程度覚悟しておかなければなりません。

 

顔の多汗症手術には保険が効くの??

さて、管理人がこのサイトのテーマにしているのは自身の悩みでもある顔面多汗症ですが顔というのは非常にデリケートなので脇や手のひらのようにどこの病院でも治療が行えるというわけではありません。

 

また保険診療によって手術費用を抑えるということに関しては個々によって症状の程度や原因が異なるため、実際に病院で医師と相談しないことには一概に保険診療が可能かどうかを判断することは出来ません。

 

とりあえず少しでも多汗症の手術のことを考えているなら一度来院して悩みを共有し、今後の治療について相談されることをオススメします。

 

多汗症治療を行っている病院をチェック

 

手術をするその前に「あなたの多汗症をしっかりと見直そう」

 

多汗症の治療に対して手術というのは誰もが一度は思い浮かべることですがやはり金銭的、そして身体的な負担も大きいです。

 

闇雲に目の前を流れる汗をどうにかしたいと考える前にまずはその汗の原因について考えることが大切です。

 

  • 「どういった原因や状況で流れているのか?」
  • 「手術の前に出来ることはないのか?」

 

手術以前にも多汗症を改善させる方法はたくさんあります。

 

そのため自宅でも出来る方法で多汗症を改善した管理人としては手術は最終手段として考えておくことをオススメします。

手術要らずで出来る多汗症対策ならコレ!

あなたはジェルで多汗症を抑える方法と、飲んで汗を留める方法、どちらを選びますか?

 

モニター実感度91%越えの顔多汗症対策ジェルとは・・・

>>>詳細はコチラ<<<


 


飲むだけで汗を止めてくれる定番の薬

プロバンサイン

>>>詳細はコチラ<<<