ストレス 多汗症


多汗症の原因となる「ストレス」について考えよう

多汗症の原因として代表的なものにストレスがあります。

 

  • 多くの人の注目が集まる状況
  • 人の密集した電車内に長時間詰め込まれる
  • イジられるなどして好奇の目にさらされる
  • 就活やプレゼンなどの極度の緊張状態

今では人間は外に出るとある程度のストレスは不可避ですがこのストレスが原因となって多汗症に悩まされている人がたくさんいます。

 

これらはストレス性多汗症とも言われますが総括すると「精神性多汗症」といえるでしょう。

 

本来体質ではかくはずのない量をストレスや極度の緊張が原因となってかいてしまう症状です。

 

特にこれは多汗症に共通して言えることですがいったん汗をかくとそれが次のストレス、そして臭い(雑菌の繁殖)などに繋がってしまいさらに新たな汗の発生という悪循環を招いてしまうのが厄介。

 

あなたのストレスの原因になっているものは何ですか?

これらのストレスが原因となる多汗症に関してはまずはそのストレスが何かを考えないといけません。

 

10人のストレス性多汗症に悩む人がいたとしたら10通りのストレス要因があると言えます。

 

  • あなたが1番よく汗をかいてしまう場所はどこですか?
  • そのときの状況はどうですか?

 

これらを踏まえてそのストレスについて考えないとその場しのぎの制汗剤や漢方では結局の所、解決には至りません。

 

まずはストレスの原因を考えてそこから出来る対処法を考えましょう。

 

汗を止めるのは何も病院での手術や漢方、制汗スプレーだけではないということを覚えておいてくださいね。

 

またそれ以外の要因、食事や冷暖房などもありますのでこれらに関しても1個ずつ考えていくことがあなたが前を向いて進んでいくためには必要不可欠と言えます。

手術要らずで出来る多汗症対策ならコレ!

あなたはジェルで多汗症を抑える方法と、飲んで汗を留める方法、どちらを選びますか?

 

モニター実感度91%越えの顔多汗症対策ジェルとは・・・

>>>詳細はコチラ<<<


 


飲むだけで汗を止めてくれる定番の薬

プロバンサイン

>>>詳細はコチラ<<<