多汗症 種類


全身性多汗症の特徴や改善するための方法は?

全身多汗症は上半身だけでなく下半身も含めて体中から大量の汗をかいてしまう症状が特徴。

 

これに関してはたとえ激しい運動の後でなく、じっとしていても汗が止まらないといった状況もあり、その場合は意味「病気としての多汗症」に1番近いものだと言えます。

 

(こちらは本当に生まれつきの体質などで割合自体は少ないと思います)

 

場所に関しては前述のとおり胸やおでこ、さらにはおしりや下半身などとなっていて流れ始めるとさらにその汗を気にしてしまい症状が悪化してしまうことも。

全身多汗症の原因を見直そう

 

全身性の多汗症は生まれつきでない限り、つまりこれまで多汗症の症状に悩まされていないなら後天的な原因があると言えます。

 

それには単純に肥満によって体温の上昇が早くなったという以外でも・・・

 

  • 糖尿病などの疾患
  • 脳の中枢神経の異常
  • 妊娠
  • 更年期障害
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ

 

など様々な原因があり、一概に「これが原因です!」とはいえません。

 

つまり10人いれば10通りの原因が考えられるわけですね。

 

ですが体の異常でないかぎり、大抵は「食生活と睡眠で体のリズムを戻して良い汗をかくことを意識する」ことで改善させることが可能です。

 

症状に悩まされているからといってすぐに「病院の薬や漢方で治療しないと・・・」と悩むのは時期尚早かもしれません。

 

まずは自分の体の状態や食生活と睡眠はしっかりとれれているかなどを確認していきましょう。

手術要らずで出来る多汗症対策ならコレ!

あなたはジェルで多汗症を抑える方法と、飲んで汗を留める方法、どちらを選びますか?

 

モニター実感度91%越えの顔多汗症対策ジェルとは・・・

>>>詳細はコチラ<<<


 


飲むだけで汗を止めてくれる定番の薬

プロバンサイン

>>>詳細はコチラ<<<