酸味 味覚性多汗症


辛い物・すっぱいものを食べたら汗が出る多汗症について

ニンゲンは誰でも辛い物を食べたら額などから汗が出てくるものです。

 

特にラーメンや鍋などを食べていると熱さも加わるので尚更。

 

ですが人によってはこの汗の量が尋常ではなくなかなか止まらないこともあり、これを味覚性多汗症というわけですね。

部位に関しては局所性多汗症と同じくおでこやワキとなっていてこれには個人差があります。

 

個人的にはコチラの場合、それによって汗が出たときに焦ってしまい、結果的に精神性多汗症も併発するような状況になって症状がよけいひどくなるという場合が多いように感じます。

 

わたし自身が精神性による顔の局所的な多汗症に悩まされてきたので辛い物を食べた時にはそれが引き金になることがよくありました。

 

過去の経験が原因となって汗が噴き出してしまうことも

 

味覚性の多汗症に関しては辛い物はもちろん、パイナップルなどの果物の酸味に反応して多量の汗をかいてしまうひともいるようです。

 

原因としては体質的や病気的なものというよりも精神性の多汗症と同じく「過去のトラウマ」が原因で症状がひどくなってしまうようです。

 

そのためそもそも汗に対する知識を深めると共に考え方を変えていく必要があります。

 

この多汗症に関しては病院などで手術をして治療しようというのはオススメしません。

 

病気的な要因はほとんどないので自分の努力しだいで十分解決できる可能性があるためです。

 

また多汗症というと漢方などによる体質改善がよくいわれますがこれに関してもそこまでのお金をかけなくてもあなたに出来ることはたくさんあるのではないのでしょうか。

手術要らずで出来る多汗症対策ならコレ!

あなたはジェルで多汗症を抑える方法と、飲んで汗を留める方法、どちらを選びますか?

 

モニター実感度91%越えの顔多汗症対策ジェルとは・・・

>>>詳細はコチラ<<<


 


飲むだけで汗を止めてくれる定番の薬

プロバンサイン

>>>詳細はコチラ<<<