顔 精神性多汗症


精神性多汗症になってしまう人はココを見直せば改善できる?

管理人自身も悩まされてきた精神性多汗症。

 

これは精神的な刺激やストレス、または緊張などで汗がたくさん出てしまう体質のことを言います。

 

大学在学中の就活生の中に就職の面接などで汗をダラダラ流していた人をみたことはありませんか?

 

もしかしたら自分自身がそうだったのかもしれませんがそれこそが精神性の多汗です。

 

人はあせっていると別に多汗症ではない普通の体質の人でも一時的にいわゆる「冷や汗」や「脂汗」というものをかくものですが、多汗症の場合はそういった場面に直面するために多量の汗をかいてしまいます。

精神性多汗症が出てくる場面は日常生活にたくさんある

 

この多汗症の嫌なところは生活で毎日訪れるいろいろな場面で出てきてしまうことです。

 

たとえば真夏や真冬の満員電車。

 

多汗症の人はこういった環境だと緊張してしまいさらに「また汗だくになったらどうしよう」と強く意識しすぎることで毎回電車で移動するだけで汗だくになってしまいます。

 

止まらない汗・・・減らない車内の人数・・・降りる駅はまだまだ先・・・

 

本当に辛いですよね。

 

また人と会話、特に異性に慣れていない人は女性(または男性)と話すだけでも額から汗が出てきたりしてしまいます。

 

友人でなくともよくある場面としては洋服を買うときとかでしょうか。

 

常に店員が近くにいて会話をしなければいけない上に着替えなどであせってしまってここで汗を多量にかいてしまう多汗症の人も多いです。

 

わたし自身もいまだに洋服を買うのは苦手で季節問わず嫌な汗をかいてしまいますから・・・。

 

またこういったときにかく汗はべとべとしていて不純物が多いので臭いなどに悩まされることもあります。

 

大手掲示板の2chなどではそういった悩みを持つ人のスレッドもたくさんありますからね。

精神性多汗症の改善には自分だけの原因究明や考え方の改善等が必要

 

精神性多汗症の治療に関してはまず自分が「どういった状況で汗をかいてしまうのか」ということに関してしっかりと考える必要があります。

 

対策としては周りの目を「気にしない」ことが一番ですが悩んでいるひとからしたら「すぐにそれが出来れば苦労しないよ!」という話。

 

わたし自身も精神性多汗症に長年苦しめられてきたのでその気持ちはよく分かります。

 

漢方や薬などに頼る前に・・・

 

  • 人が多いならどういった状況で汗をかくのか?(対面している時or人ごみの中など)
  • 過去にトラウマとなるようなことはあったか?

 

単純な事です目の前の汗を止めることに必死になっていてもそれ以前に根幹となる原因の部分を改善しないかぎりはその場しのぎでしかなく一生苦しめられることになります。

 

私の場合は人ごみというか特定の人が自分に注目している(注目していると思われる)状況で緊張して汗をかいてしまうようです。

 

そういう風に考えると「じゃあ、集中される状況ではリラックスすることを意識しよう」という風に考え結果、電車など単に人が多い場所では改善され、注目される状況でもある程度落ち着けるようになりました。

 

こうして書くとすごく簡単ですが実際に症状に悩んでいるひとからするとこういうことにすら目が行かないことが多いです。

 

現に管理人である私自身がそうでしたから。

 

あなたもまずは自分の出来ることとして多汗症の症状が出てしまう状況を考えて「自分の汗」としっかり向き合うことから始めてみてはどうでしょうか。

手術要らずで出来る多汗症対策ならコレ!

あなたはジェルで多汗症を抑える方法と、飲んで汗を留める方法、どちらを選びますか?

 

モニター実感度91%越えの顔多汗症対策ジェルとは・・・

>>>詳細はコチラ<<<


 


飲むだけで汗を止めてくれる定番の薬

プロバンサイン

>>>詳細はコチラ<<<