多汗症 特徴


多汗症になりやすいタイプというのは存在するの?

多汗症になりやすいタイプの人というのはいるのでしょうか。

 

多汗症自体が体の異常であったり体質的なものである場合は仕方ないですが精神的なもの、つまり気にしすぎ・自意識過剰で多量の汗を流してしまう多汗症に限って言うと確かに症状がひどくなりやすい人というのは存在します。

 

そういった多汗症に悩まされるタイプは大抵以下にわかれるようです。

神経質な努力家が多汗症になりやすい

 

まずは神経質な人。

 

これは周りの考えや思っていることに関心が向きすぎてしまい、結果汗がたくさん流れてしまうということに繋がります。

 

また「人から良く見られたい、周りの期待に応えたい」と考えて熱心に物事に取り組む真面目な人もこういった症状に悩まされるわけですね。

 

周りからすると些細なことでも本人からしたらとても気になることなわけでそうすると「自分の気持ちなんか分からないくせに」と考えるようになってしまい余計汗を嫌う⇒気にすることに繋がってかえって汗がひどくなるという悪循環にはまってしまいます。

 

また大きくなるまで周りにあわせすぎてきた結果、自己主張が上手くできない方にもこういった症状はよく出てきてしまいます。

 

  • 無理をせずに力を抜くこと
  • 汗をかくということは生きていくために必要なこと

 

これらを意識するだけでもあなたの目の前の状況というのは大分改善するものです。

 

顔の多汗症に悩んでいる管理人の場合

管理人の場合は上半身、特に顔からの汗に長年悩まされてきました。

 

後になって考えるとわたし自身も上記で解説した真面目で「人の期待に応えないといけない」と常に意識して生きてきたようです。

 

それで周りの期待に応えられれば自信がついて症状もマシになったかもしれませんがわたしの場合は上手くできず、余計に症状がひどくなっていくだけでした。

 

同じく多汗症に悩んでいる人ならわかると思いますが一度そうなってしまうとなかなかその悪循環から抜け出せないんですよね。

 

「汗なんか誰でもかくもの。気にしなければ良いのに・・・」

 

周りの人はみんなそういいますが本人からしたらその量が尋常じゃない上、それが特に目立つ顔の汗となれば尚更です。

 

更に現在は汗だくでいると大抵の人は良いイメージを抱きませんしそうすると余計萎縮してしまうわけで・・・本当に辛かったです。

 

多汗症というのは自分の症状を受け入れるだけでも実は大分マシになるのですが長年悩んできたひとからするとそんなものは2,3日で出来るというわけでもありません。

 

本当にこれまでの自分の嫌いだったところも含め少しずつ、出来ることをやりながら「汗をたくさんかく、うっとうしい体質の自分を許していく」しかないのだと思います。

手術要らずで出来る多汗症対策ならコレ!

あなたはジェルで多汗症を抑える方法と、飲んで汗を留める方法、どちらを選びますか?

 

モニター実感度91%越えの顔多汗症対策ジェルとは・・・

>>>詳細はコチラ<<<


 


飲むだけで汗を止めてくれる定番の薬

プロバンサイン

>>>詳細はコチラ<<<