汗 種類


汗には良い汗と悪い汗がある?「たくさん良い汗をかくためには・・・」

汗をかくのはあなたの体の体温がが上がっているときにそれを下げるため。

 

そのため汗をかく状況というのは体温があがるとき、つまり運動しているときや食事、寝るときなどなど様々です。

 

そのなかで汗というのには種類があるというのをあなたはご存知でしょうか?

 

良い汗と悪い汗の特徴やメリット・デメリット

良い汗

  • 肌の上ですぐに乾くので効果的に体温を下げる
  • サラサラで必要な分だけが汗腺から出てくる
  • 粒が小さく広がりやすいので広い面積を冷やせる
  • 新陳代謝があがり死亡を燃やすのでダイエットに効果アリ

悪い汗

  • 大粒で粘度が高くまとわりつきベタベタする
  • 顔などをダラダラと流れてきて集中できない
  • 色々な成分が含まれていて臭い
  • 効率よく体を冷やせないので流れ続ける
  • ミネラルなど貴重な成分が失われてしまう

 

ご覧のように悪い汗というのは名前どおり良い点が1つもありません。

 

よくいわれる脂汗や冷や汗というのはこの悪い汗に当たり、過去に顔の多汗症で悩んでいた管理人はこの悪い汗を顔にたくさんかいて学生の時とかにすごく辛い思いをしていました。

 

ですが体の体温を下げないと人間や他の動物は動けなくなってしまうので汗はかかないといけません。

 

そうなってくると当然、悪い汗ではなく良い汗をかきたいですよね。

 

では良い汗をかくためにはどうしたらよいのでしょうか?

良い汗をかくために今すぐ出来ることまとめ

  • 発汗を調整するイソフラボンを豆腐などから摂取する
  • サプリメントなどによってリゾレシチンやレシチンを摂取する
  • 冷房や暖房などに頼り過ぎないようにする(特に夏場のクーラー)
  • 半身浴などを用いて一年中風呂場で汗をしっかりとかく

 

現在多汗症、汗っかきなどの症状に悩んでいるのならまずは良い汗をかくことからはじめましょう。

 

特に多汗症の方は汗をかくことを「嫌いなこと」としてすごく嫌がります。

 

そのためかえって意識してしまい症状がひどくなるわけですね。

 

ですので当サイトのほかの記事も参照してもらってますは「汗はかかないといけないもの」と受け入れて、その上で良い汗をたくさんかくように1つずつ、出来ることからやってみてください。

手術要らずで出来る多汗症対策ならコレ!

あなたはジェルで多汗症を抑える方法と、飲んで汗を留める方法、どちらを選びますか?

 

モニター実感度91%越えの顔多汗症対策ジェルとは・・・

>>>詳細はコチラ<<<


 


飲むだけで汗を止めてくれる定番の薬

プロバンサイン

>>>詳細はコチラ<<<