汗 汗腺 機能


体温調節のために汗が出る汗腺について

汗は汗腺と呼ばれる場所から出てきますが汗腺には2種類あります。

 

エクリン腺

普段から汗をかくのはこの汗腺からであなたの身体中にある。

 

人によって、または人種(暑い地方の方が多い)汗腺の数には差がありとても小さいのが特徴。

 

こちらから汗が出てくることで空気に触れた汗が蒸発して体温を下げる。

アポクリン腺

ワキガの原因としても知られているアポクリン腺から出る汗は菌に分解されることでニオイを伴うのが特徴。

 

動物としてのフェロモンの役割を持つこの汗腺は主にワキの下にある。

上の表で述べたように汗腺の数は人によって異なりますがさらに環境によって実際に稼働している汗腺の数もことなります。

 

 

暑い地域で生まれた外国人やスポーツを習慣づけている人の方が当然汗をかくことによる体温調節に長けています。

 

普段から運動をしない人は逆に汗を上手くかけずに結果として多汗症のような症状になってしまうことも。

 

汗腺だけでなく発汗にも種類がある?

 

多汗症に悩んでいる場合はココからよく読んでおいてくださいね。

 

汗というのは体温が上がるとそれを下げるために出てくるものですがその体温が上がる状況によってもいくつかの種類があります。

 

  • 温熱:運動をしたときに体温が上昇したときの発汗
  • 精神的:緊張したり驚いたりしているときの発汗
  • 味覚:辛い物を食べた時に出てくる発汗

 

これらの状況が重なった時に水が99%以上に塩分などが含まれた汗が汗腺から出てくるわけですね。

 

多汗症でよく言われる精神性の多汗はおもに緊張した時に汗が出てきたのがきっかけとなり・・・

 

緊張して汗をかく⇒あせってしまい余計緊張する⇒汗が止まらなくなる

 

という悪循環になってしまうためです。

 

顔の多汗症の場合はもちろん病気というのもありますが、大抵は元々額の汗腺が多い人が汗をかいたことを気にしてしまい症状が重くなってしまうことがほとんどです。

汗をかくこと自体はとっても大事

 

多汗症の人ほど汗をかくことを嫌がりますが汗は体にとって必要不可欠なもの。

 

体温調節という面でもそうですが老廃物の排出などの役目も担っているからです。

 

また汗がひくときに雑菌を除菌するなどの働きもあり動物の中でもすごく優れたシステムといえるでしょう。

 

ですから汗などの悩みを抱えている人は「汗を止める」ことを考えるよりも「汗とうまく付き合いコントロールしていく」という姿勢が大事になってきます。

手術要らずで出来る多汗症対策ならコレ!

あなたはジェルで多汗症を抑える方法と、飲んで汗を留める方法、どちらを選びますか?

 

モニター実感度91%越えの顔多汗症対策ジェルとは・・・

>>>詳細はコチラ<<<


 


飲むだけで汗を止めてくれる定番の薬

プロバンサイン

>>>詳細はコチラ<<<