汗 働き


汗は体になくてはならない大切なもの

多汗症の人は人一倍汗には敏感になってしまうもの。

 

ですがそもそも汗自体は人間が生きていく上では欠かせないものです。

 

汗をかく時は食べ物を食べて代謝が上がったり、または運動などによって上昇した体温を下げる働きがあります。

 

人の体を構成するたんぱく質は45度を超えると壊れてしまうため、体温を下げる仕組みがないと生きていけないわけです。

 

その働きを担うのが汗でこれによって蒸発した際に体温が下がるため体温が45度を越すことがないように自動で調節してくれます。

 

人間の体温は大体37度前後でないとならずこれ以上はもちろん、それ以下でも身体は動かなくなってしまうんですね。

 

ですのでそのことからも体温を調節してくれる「汗」というものは人体を正常に保つシステムとしてなくてはないものだということが分かります。

 

汗が体温調節をする際には「蒸散」という現象が起こる

 

上の項目でも巣子述べましたが汗は蒸散という働きで身体の体温を下げてくれます。

 

元々ニンゲンには放射をはじめ色々な働きで体温調節を行っていますが断然効果が高いのがこの蒸散。

 

特に汗をかいて蒸発するときに気化熱を奪うのはすぐに体温を下げてくれるので運動などで急激に体温が上がった際に体はこの蒸散を選択して体温調節をする⇒汗をかくという流れになっています。

汗をうまくかけないと熱中症などで倒れてしまう!?

 

このように蒸散は即効性の強い体温調節ですのでもし身体の体温が上がった時にそのプロセスである汗をしっかりとかけないと体温調節ができなくなってしまい体はとたんに動かなくなってしまいます。

 

これが夏場では熱中症や日射病といった形で表面化しているんですね。

 

熱中症など夏場に起こるものは体の水分が不足しているのが原因というのがほとんどですが最近では生活リズムや食生活の乱れなどが原因で体のバランスが崩れていて汗をほとんどかかなかったり逆に多汗症という形で必要以上に汗をかいてしまうことがあります。

 

ですので生活していく上では汗は必要なもので毎日規則正しい生活を心がけ、汗をかくことが必要な時にはしっかりとかける体作りが大切となってきます。

 

手術要らずで出来る多汗症対策ならコレ!

あなたはジェルで多汗症を抑える方法と、飲んで汗を留める方法、どちらを選びますか?

 

モニター実感度91%越えの顔多汗症対策ジェルとは・・・

>>>詳細はコチラ<<<


 


飲むだけで汗を止めてくれる定番の薬

プロバンサイン

>>>詳細はコチラ<<<